読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

prêt-à-porter

私が関わった人間は全て私の作品である

「会話と戦争」

女だと思われていた。いいわ、私、女よ。私が大抵の男性の持ち合わせていないものを持っているとしたら、それは私がこの世で生きると覚悟をした19歳のときに性別というボーダーラインをなくしたからに他ならない。社会通念や一般常識は捨てたの。私はただ動…

「四つ葉のクローバー」

誰かの為に努力をしたとしても、結果がついてこないことってあるわよね。例えば誕生日にプレゼントしようと、一年前から四つ葉のクローバーを探し続けていたのに見つからなかったとする。その時、相手からプレゼントがないことを怒られたら、馬鹿な人はこう…

「一度のミスで全ては終わりなのよ」

私たちは人間だからどこかで必ずミスをするのよ。私はね、それを批判しない。でもミスをした時には相手のそれに対する反応よりもコンマ何秒でもいいから早く気付かなくてはならない。本来ミスに気付かないだなんてことはあってはならない。百歩譲って、そう…

「多様な価値観」

あなたの言う「多様な価値観を認める」という考え方は、例えばプレゼントをあげてもありがとうの言葉どころか、そういう気持ちすら持ち合わせていない相手に対して、何のムカつきも抱かない、どんなことに対しても(あなたが突然知らない人に斬りつけられよ…

「気遣い」

怒りというのは、ほとんど悲しみの裏返しである。当たり前のこと、相手が自分に向かって何かを表現した時、それが一般的にどんなに楽しく明るくいい意味のものだとしても、まずはその直前の自分の言動が相手に対し失礼行為をはたらいていたのではないかと自…

「親友に対する評価」

あなたを選ばないのは幸せになれるという確証のないこの世界で必ず幸せになれるという確信を持てるからだ。私はその幸せを勝ち取る為に色々とこねくりまわして考えてきたし、そんなにあっさりとそれが手に入ったって大きな何かから逃げてるみたいで嫌じゃな…

「あなたが怒る時」

人に対してね、怒るってことはね、本当はその人がどういうつもりなのか完璧に理解できなくてはできないはずなのよ。自分は自分自身のことを理解できる。対象は対象自身のことを理解できる。では、自分は対象を完全完璧に理解しているのか。対象は自分を完全…

「父の男気」

40℃近い高熱で緊急検査入院することになった父が病室に運ばれてすぐ私と母に聞いた。「今日は何日だ?」11月2日、と私が即答した。今にも死にそうな父は母に耳打ちをする様に言った。「花屋に花束を頼んであるから明日取りに行ってくれ」明日は父と母の結婚…

「リュックと兄貴」

リュック、リュックサック、ナップサック、バックパック、呼び名は何でも構わない。電車で座席に座る前には必ずそれをどちらか片方の肩から外し身体の前へ持ってくる。それは成人ではほとんど万人が行う所作だ。私はね、例え血の繋がり、血縁関係があったと…

「人間を救う」

私は人を救えない。人間は自らを自らが救わなくてはならない。それでも私が声をかけるのは、一応その人間を救おうと思っているからだ。それは更に言えば、私が私を救う為に私が私に声をかけるということである。人間は誰かや何かにによって救われることはな…

「小林書店の娘」

私が求めているのは単なるわがままなの。完璧なわがまま。たとえば今私があなたに向って苺のショート・ケーキが食べたいって言うわね、するとあなたは何もかも放りだして走ってそれを買いに行くのよ。そしてはあはあ言いながら帰ってきて「はいミドリ、苺の…

「情事芙蓉」

そう?そのリスクに晒されていないと(仮に失うの対義語が所有するだとして)所有していると感じられない.永遠ってのは、破滅に向かう覚悟のできたアベックにしか手にできないものだよ.現実では非現実を見る.絶対に違う.出し惜しみしなくては成り立たないだ…

『三人目の私』

『横』2014.8.26.赦されたいと願う私と罰したいと迫る私とが押問答をする間に三人目の私が鏡を前にした。鏡の中の人間と私とがあまりにも違いすぎたことに憤り鏡を割りその破片で顔を朱に染めた。赦されたいと願う私は新たな生命を受けた様に感動し、また罰…

「ガラケーの愛」

私の愛というのはiPhoneからガラケーへと写真を送る際に一切サイズ変更をせずに送ることで、一般的に言われる愛ってのはその写真のサイズを縮小してガラケーでも見れる様にして送ることだろう。でもガラケーだからと最初からサイズ変更をしなくては、と勝手…

「虎とウサギ」

この世の中の人間をざっくりと二つに分けると虎とウサギに分けられる。ライオンとシマウマという言い方もできよう。虎である私は、私のこのスタイルをウサギにまで強要できないし、しない。でも強要できないのだとしたら彼らはいつだって私たちに殺される対…

「(Long Island)Iced Tea」

ロングアイランドアイスティーウォッカを入れて テキーラを入れて ドライ・ジンを入れて ラムを入れて コアントロー入れて レモンジュース入れて レモンスライスしたの入れて 砂糖入れて 適量のコーラでup♪ アイスティーを出すのではなく、様々な要素を組み…

「不快感」

でもね、人を馬鹿にしていじっている人間が自分の感じたこと、そしてそれによって生まれた行為について(自分の覚悟や責任を持って)論文の様な形で表すことができなかったら、そもそも人を馬鹿にしたりいじる権利すらないんじゃないかな?と私は思うのよ。…

何番がお好き? vol.13

有名な小説家の言葉を紹介してるbotのTweetをRetweetして、それがその小説家が書いたことではなかったとする。僕に「それ○○が書いたことではないよ。そんなものRetweetして馬鹿だな」と言われたことがある。僕は、その小説家だからRetweetしたのではなくてそ…

「人間関係は戦争」

二人で決めたこと、その約束を破った者がどんなに謝って本当に改心したとしても私は許さない。そしてその瞬間二人の今後なんてものは私にはない。今を生きていないものと未来の約束などできるはずがない。その時、私には許さないという感覚すら湧かないのか…

「私の正義と愛」

私は誰かに私の愛する人を殺されてもその様になった過程が知りたい。愛する人が全面的に悪かった場合私は加害者に謝りに行きます。それが私の正義で愛です。愛する人が悪くなかった場合死刑など待たずに加害者を殺しに行きます。それが私の正義で愛です。

「点線と条」

答えは知っている。然し其れ自体は本質ではない。本質にたどり着くには僕はあまりにも知らな過ぎた。そしてあまりにも知り過ぎていた。答えはいつだって大きな黒い岩に白菊一輪である。黒岩に白菊一輪回転式拳銃(リボルバ)(Revolver)レンコン状の回転式…

「母体回帰」

例えば無視みたいなものも一つの立派な意思表示だと思うんですよ。無視という行為には、ちゃんと目の前に対象が存在してこそ成り立つものですから。私たちは実際的に生きなきゃならない。生きているのだから物質的に、物理的に満たされなきゃならないのよ。…

「ネクタイ」

どれだけあなたが格好よく見えて周りから言い寄られることになろうとも私はあなたの為にスーツに一番合ったネクタイを選ぶわ。それが私にとってあなたを愛しているということだから。--~--~~--~-~~--~--~--~~--~-~~--~--~--~~--~-何でもご依頼受けます。http…

「自己客観性」

2012年04月02日03:37自身を差別的だと思っていない人間が一番に差別的だ。自身を客観的に見る事が出来ない事は恥ずかしい事ではあるが、それでもそれが出来ない事もある。そこまでわかっていればそれは決して恥ずかしがる事ではない。自分で自分の電話の声の…

「背伸びしないでくれよ」

背伸びしないでもらいたいんだ。そのままの君でいい。格好をつけたり演技をしたりすると、この歪んだ世界が更に歪んで見えるから。もしかしたら歪んだ世界に歪んだ君で丁度真っ直ぐ見える事もあるかもしれない。それでも僕は今のこの角度のままで一つ一つ不…

「愛ってのは」

愛ってのは「知っているよ」ではなくて愛ってのは「知っているよ、だから話して」だと思う本物の勝利とは自分が手に入れたいと熱望したものを手に入れた後にそれを手放す勇気を持った時に訪れるものである。本当の勝利を得たいとは思わないのか。本当の勝利…

「経験が直感を生む」

偏りたくない片寄りたくないそう思って生きてきた。偏りたくない。私は片寄りたくない。あなたのことをブスという私がブサイクなのは筋が通っていないことではない。それを一緒にしてしまうあなたの考え方の方が随分とひん曲がっている。私があなたにブスと…

『乳』

私からしたら一つもわからないわ。こんなものの何がいいの?全くわからない。男の考えることはさっぱりわからない。こんなもの生まれた時からついているものだし、時にはこんなものなければいいと思って生きてきた、邪魔なんだもの。私こんなものがなくても…