prêt-à-porter

私が関わった人間は全て私の作品である

「不快感」

f:id:youtalkingtome:20140710043000j:plain

でもね、人を馬鹿にしていじっている人間が自分の感じたこと、そしてそれによって生まれた行為について(自分の覚悟や責任を持って)論文の様な形で表すことができなかったら、そもそも人を馬鹿にしたりいじる権利すらないんじゃないかな?と私は思うのよ。

私はね、まず目の前の人に不快感を与えたくないと思うの。それが前提。勿論どんなに頑張って気を遣っても気を遣いすぎることはない、要するにどんなに気を遣ってもどこかしらで目の前の相手は不快感を抱くと思う。それは生まれも育ちも異なる他人だから仕方が無い。でも私はそれを最大限少なくしようと努めている。

私の求める素晴らしい世界というのは、全ての人間が【自身の全ての言動が自分の支配下にある】人間であるという世界なんだ。

人に不快感を与えなくなかったら人が何に怒るか悲しむかを知ることじゃない?それで言えば、日本という特殊な文化圏では、日本の文化に則した振る舞いが行われるべきだと私は思うわけよ。

帰国子女がどんなに英語と日本語を半々に織り交ぜて喋っていても構わない。でもそれが目の前の人に不快感を与える可能性があると考えないことが、自分の世界だけが正しいと思いそのまま平気でいることが気に食わないんだよ。相手に不快感を与えていないか考えないなんてそれこそ日本文化を理解しているとは言えないでしょ。

だからその帰国子女が仮に英語と日本語を織り交ぜて喋ることを不快に感じる人がいることを知っていたとしたら、私を不快にさせる為に喋ってるんだなと僕は思ってもいいわけだよ。彼らは選択をしたんだから。選択の裏には覚悟が存在するはずだし、その行為に及ぶには必ず責任が伴うはずだから。

2014.7.10.

また私が何故そんな熱量を持って人間と接して馬鹿な人間を馬鹿にするかというと、もう一つだけでもいい、選択肢を持ってもらいたい、視野を広げてもらいたい、客観性を持ってもらいたい、ということなんだ。

英語と日本語を半々に織り交ぜて話す帰国子女が、それは目の前の相手に不快感を与えるかもしれないというもう一つの選択肢、視野を獲得し、誰の前でもわざと日本語英語を話すようになるとする。

私が本当に求めているものは、そんな帰国子女が僕の前でだけネイティブな発音の英語を披露してくれるというものだ。

2014.7.11.

--~--~~--~-~~--~--~--~~--~-~~--~--~--~~--~-
何でもご依頼受けます。
http://poguri.jimdo.com      秋     
@ prêt-à-porter