prêt-à-porter

私が関わった人間は全て私の作品である

何番がお好き? vol.60

f:id:youtalkingtome:20150822150714j:image


  1. 喉が痛くなるくらい、吐き気がするくらい重い煙草を吸って、私は私を慰めているの。要するにリストカットをしているのよ。そうでもしなければ耐えられないのよ。

  2. 私の言い方が差別的なのかもだけれど、話が通じる人になるためには特殊な能力が必要なのではない。自分の言動が相手にとってどれ程迷惑になるのか常に意識しない人を話の通じない人としている。要するにね、思慮の浅いピエロなの。私だってみんなに馬鹿にされながら生きてきた。だから頑張っているの。

  3. 結局ね、想像力のない人、話の通じない人は往々にして、他者を一個人として認めます論者なのね。だから自分も他者のほとんどすべてのことを寛容する代わりに他者にも寛容を求めるの。それはそれで素晴らしいと思う。でもね、その理論で他者が傷つくことに関してケアしないのって私には信じられないの。

  4. 私よく思うの。話の通じない人と話していると、確かにスタート位置とゴール位置で見ると私の方が遅れている。でもね、本当は私、先に一周してきているの。だからね、あなたは周回遅れなの。でもそういう人たちは私よりも前にいるという自信があるのよね。私だったらそんなに堂々と走れない。

  5. 指示語って素敵。だってなんだか、ほら二人だけの秘密みたいでしょう。それが何かだなんて他の人にはわからないのよ。

  6. 起こり得る全てのことに対して最低・最悪の事態を想定するとね、一歩も動けないのよ。一言も喋れないし、一つも動けないの。そういう経験をしたことがある?そういう経験をしたことがない人の言動ってすぐわかるの。一周していない人たちを私は信じていない。その上で私は一つ動いているのよ。信じて。

  7. 私は初めて会った人に-失礼なのかもしれないけれど-序盤に「ご両親はご健在?」と高確率で聞くのよ。失礼だとは思う。でもね、色んな人がいるでしょう、両親がいない人も亡くなられた人も。私はね、そこで失礼だと思われることより何より、その後の盛り上がった会話中で地雷を踏む方が恐ろしい。

  8. 私の言っている勝ち負けってどちらが本当に愛しているのかという意味だから。

  9. 逆を言えば、許すことができない人間が怒ったり感情をあらわにしてはならないと思う。私は怒らないで流すことができるから、怒るの。私は必ず感情だけで怒っていない。私が怒る、感情をあらわにする時、その前には私は私を殺さんばかりに疑い詰める。その上でやっと怒るのよ。これが愛なのに、誰もわからない。

  10. 許すというのは諦めるということでしょう。嫌なのに許すということでしょう。それで耐えきれなくなったらその関係を切るんでしょう。だったら初めから許して我慢する意味ないじゃん。無駄だと思うの。だから勝負は一瞬。出逢って目が合うか合わないかでもう決まっているの。目が合って直帰したい。

  11. 相手の長所を見出し、短所には目をつむる。果たしてそれが私たちのすることだろうか。私にはできない。先ずは真っ向勝負。その後でやっと諦めることができるの。現実では予想だにしないことが往々にして起こる。だからって何の準備もしない人って私嫌いなの。本気で準備して、現実がそれを超えてきてほしい。

  12. 寛容の精神なんてものはない。それは私が沢山の人に寛容されてきたからかもしれない。寛容されればされるほど相手にされていないという事実を、寛容され満足気な人たちは気付かない。私はね、無視されるくらいなら殴られたいの。何十倍にも復讐するからね。互いに認め合うって何よ。意味わからない。

  13. 要するに、目の前の相手になれなければ、あなたはここであなたを主張することなんて到底できないのよ。あなたという存在は目の前の相手によってたまたま浮き出された幻の様なものなのですから。

  14. 私は常識なんてもの大嫌いだけれども、社会で生きるためにはその国や地域独特の(暗黙の)ルールみたいなものを熟知しておかなけらばならない。その上でやっとそれをぶち破る権利が生じるのよ。

  15. 私の王子様はね、私が王子様を待っている間に「あなたがあなたの王子様を待つ間私もここで待っています」と言う“無顏”の人なのよ。

  16. 私たちはいつでも立場や相手との関係性を意識することを強いられている。でもそれが社会で生きるということでしょう。

  17. 本当に対等な関係なんて、この世界にはどこにもないんですから。

  18. 相手にどれほど迷惑がかかろうと、不快に思われようと、私は言う必要のないことも全部言ってしまう。それでなくてはなんの意味もないと思うからだ。ただ黙っているだけなら、ギリギリ噓ではないのにね。私、よーいドンの合図が聞こえたら、少し遅れてスタートするの。ちゃんとイーヴンにしたいの。

  19. 許容することを他人に強要するだなんて馬鹿げている。冗談じゃない。

  20. あれだけ鍛えているのだから、EXILEが「戦争反対」って訴えていたら結構面白くないですか。逆に「戦争へ行こう」を掲げるなら、私はEXILEもなかなか整合性とれているなと思うよ。

--~--~~--~-~~--~--~--~~--~-~~--~--~--~~--~-
何でもご依頼受けます。
@ 秋人間