読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

prêt-à-porter

私が関わった人間は全て私の作品である

何番がお好き? vol.64

f:id:youtalkingtome:20151015163717j:image


  1. おかしなことに、としをとると段々と論理みたいなものが面倒になってくるのだと思う。そうやって大人は傲慢になっていくんでしょうね。論理を重んじてきた人間も経験と知識が増えると、ひとりよがりの判断をしてしまいがちである。私からすると自分が間違っていないと思う人間は既に死んでいるのですが。

  2. 実際に中出ししたいのではなく「中に出していいよ」というお許しが欲しいだけなんだ。そのお許しが出た瞬間、もう射精なんてどうでもいいでしょう。

  3. 私は別に噓をつかない聖者ではない。聖者が噓をつかない人のことを指すかもわからない。私はよく噓をつく。ただそれに対して責任は取るということなの。それだけよ。

  4. 私は基本的に一目惚れ主義なので、対象を見つけた瞬間にガン見します。「え? なに知り合い?」とばかりに見ます。そうしたら相手も自然と目を合わさざるを得ないでしょう。私の考えはいささか勝手だが、目が合ったら死んでも落とせると思っている。というか「落ちているよね?」顔をすれば勝てる。

  5. 世界はおにぎり化している。

  6. 目の前の人間が傷ついていることは蚊帳の外に置いといて、常識で人をけちょんけちょんにする人って本当にどういう正義を持っているのだろうか。それで左翼思想? 笑わせるわ。私は国粋主義者だけど、目の前の人間の痛みや悲しみはわかるつもりよ。

  7. 理性があるということは、理性を理性でねじふせることができるということよ。あなたのそれを理性というのであれば、とんだ不良品だわ。もう一度低賃金労働者のいる工場へ戻ればいいわよ。

  8. ホテルとかネットカフェとかそういう所で、自分の名前や住所、電話番号書くわよね? その時に本当の名前や住所、電話番号をみんな書くって本当なの? 私、絶対に書かないわよ。もうこれは根無し草の本能なのよ。

  9. 恋人に人を殺してきてと言われて、そこで常識という縛りが発動する人を私は好まない。すぐさま殺さなきゃと思えなきゃならない。逆に理性がないと思える。

  10. 筋を通した、論理的に正しいことはどの世界にも通じる、と私は信じている。だけど世界は決してそれだけで構成されていないことを理解している。でもだからこそ、論理的整合性というのは何にもまして大事なのよ。

  11. 喫煙所で出会った女と何気なく会話になり、都合よく誕生日の話になった。女の誕生日は今日だと言う。私はその女をこの後飲みに誘いホテルを取りバースデーケーキを用意し、丁寧にクンニをしセックスまでしなくてはならないという責任感に駆られる。冗談であり妄想である。

  12. 人に好かれるには、人に嫌われることを知らなくてはならない。

  13. もう単純に、射精こそエロス(生)。

  14. 寒いのが好きなのだけど、それは夏よりも人のことがよく見えるからである。

  15. 私はノーミスこそ素晴らしいと考えている。

  16. 本当にその人が欲しいのかどうかわからない人って私からするととても多くて、それが納得いかないのよ。命を差し出す気がないのなら、初めから一人で生きればいいじゃない。

  17. 私のことが欲しいのなら遠回りをして来て欲しいの。無理矢理にでも遠回りを。徒歩10分圏内の場所に向かうのでさえも飛行機を何回も乗り継いで来て欲しいの。私はね、そういう行為が無駄だとは全く思わないの。あなたの本気を見せて欲しいの。私はその分だけちゃんと私をあなたに差し上げるわ。

  18. 年上の女が年下の男をちゃんと可愛がれるかどうかは、その日の天気にかかっている。

  19. 誰とでもできることを特別な人とすること以外に、その「Special」感を味わうことなんてできないのよ。なんで、あなた方はそうやって誰とでもできないことをまずやろうとするのよ。その時点で、負けなのよ。この世界はね、酸化しながらしか生きていけないのよ。

  20. 「今日ね、めちゃくちゃ可愛い人に会ったんだよ」的なことを話してくる彼氏は浮気しない気がする。そういうのを聞いて嫌がったり、そういう話はしないでというスタンスを取る女の方がよっぽど浮気されると思う。コンビニで横に彼女がいながらエロ本を読む彼氏ほど浮気しない奴はいないと私は思う。

  21. 善でも悪でもどっちでも構わない。私はただ強烈な衝撃を受けたいの。本当にそれだけ。それは気持ちいいとか気持ちよくないだとか、いい悪いだとかという二元論で構成されている世界にはないもので、私が欲しいのはそういうものなの。全部が全部、「善悪の彼岸」ね。

  22. ミクロで見ると今やっているこれも、マクロで見る人生と全く同じ構図なのよ。それは私が表現したい美の一つである。

  23. そんなのね、自分の能力不足を呪うだけよ。私はね、どれほどまでに自分が出来ないかを知っている。這い上がるしかないのよ。自信なんてものはこれっぽっちもないのよ。努力はする。ただその道筋が見えないことにはどうにも動けないからね。今はもう少しゴールまでの道のりがどんなものなのか知りたい。

--~--~~--~-~~--~--~--~~--~-~~--~--~--~~--~-
何でもご依頼受けます。
@ 秋人間