読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

prêt-à-porter

私が関わった人間は全て私の作品である

「高倉健」

f:id:youtalkingtome:20150417093838j:plain

『夜叉』で共演したビートたけしは撮影中のエピソードとして、真冬の福井ロケのある日、オフだったにもかかわらず、高倉がロケ現場へ激励に現れた。厳しい寒さの中、出演者・スタッフは焚火にあたっていたが、高倉は全く焚火にあたろうとしない。スタッフが「どうぞ焚火へ」と勧めるが、高倉は「自分はオフで勝手に来た身なので、自分が焚火にあたると、皆さんに迷惑がかかりますので」と答えた。このためスタッフだけでなく、共演者誰一人申し訳なくて、焚火にあたれなかったと発言している。やがて「頼むからあたってください。健さんがあたらないと僕達もあたれないんです」と泣きつかれ、「じゃあ、あたらせていただきます」となり、やっと皆で焚火にあたることができた。
Wikipediaより。


この手順が必要なんです。
最低限この立場にいる人間は、この手順を踏まなければならない。高倉健は恐らく「私があたらないとみんなあたれない」ことを知っている。
本当に人の立場に立ってものを考えられる人ならこの考え方はマストだ。
その上で私の立場では〜ということになる。
こうした適切な手順を踏むことが本当の仁義の通し方なんだ。
これで高倉健が「私があたらないとみんなあたれない」ことを知らないとしたら、高倉健には-私の考えでは-仁義の欠片もないことになる。

--~--~~--~-~~--~--~--~~--~-~~--~--~--~~--~-
何でもご依頼受けます。
@ 秋人間