prêt-à-porter

私が関わった人間は全て私の作品である

何番がお好き? vol.35

f:id:youtalkingtome:20141219172247j:plain

  1. 全ての病気の元が何かと言えば、恐怖心である。

  2. 雨の日の車に乗る時の傘の閉め方。

  3. 造形の美しさではなく、その構造の美しさに酔いしれたい。要するに結果ではなく途中式を重要視するということである。

  4. 全ては動いた結果わかることなのよ。不毛だと机上の空論を並べている間はそれは本当に何でもない。動いた後にそれは机上の空論なのだと判断するのなら、まぁ机上の空論なのだろう。

  5. 完全な不完全、それに尽きる。

  6. 少しでも格好つけているってことはその関係は嘘だってことなのよ。

  7. 生きるってことはわからないってことだし、わかるってことはもう死んでいるってことなのよ。

  8. 理性の末に感情が、愛があると私は信じています。

  9. 馬鹿みたいにトラウマも虎馬で日本語だったらよかったのに。

  10. 全く意味のないように見えるけど動いて動いて動くのよ。本当の視界というのはその後に広がるものだから。

  11. 微塵の後悔もない選択を。

  12. 肉体と精神は肉体が必ず先である。

  13. 確かに私の感情は動いたがそこに私は存在しなかった。

  14. 映画は何を観るかではなく、また誰と観るかではなく、いつ観るかである。

  15. 「食事は何を食べるかより誰と食べるかが大事」という戯言だけを私は信じない。それは必ず「食事は何を食べるかが大事」という前提を踏まえていなければならない。「食事は何を食べるかが大事」という前提を誰よりも信じている人間がやっと「食事は何を食べるかより誰と食べるかが大事」と言える。

  16. 本当に幸せな人には文化などいらない。絵画も映画も本もいらない。それらに触れる人間はもれなくどこかしら不幸せを感じているのである。

  17. 心を鬼にした結果残るものこそが私の本当の心である。

  18. 愛だなんて幻想さ。私はあなたを愛してる。あなたは私を愛してる。これは連続しない、厳密に言えばメビウスの輪の様に表裏一体のものでは決してない。ただその私とあなたの間の谷底にこそ愛は落ちている。要するに私の愛するあなたをあなたは愛し、あなたの愛する私を私は愛するの。それで最高速度だ。

  19. あなたはあなたを信じている。私は私を信じている。だからあなたは私を信じ、また私もあなたを信じている。

  20. これからは書く単語は一つ一つ広辞苑で調べてから使うことにします。全てを理解しなくては単語一つでも使う権利などない。広辞苑で引いたからといって全てを理解できるとも勿論思っていない。しかしその努力は最大限にすべきである。

--~--~~--~-~~--~--~--~~--~-~~--~--~--~~--~-
何でもご依頼受けます。