prêt-à-porter

私が関わった人間は全て私の作品である

『500日のサマー』レビュー

f:id:youtalkingtome:20160829203520j:image

 

ずいぶん前に観たので、うろ覚えなのだけれど、振り返ってみよう。

 

主人公・トムは「運命の恋」を信じていた。
対して、サマーはそれを信じていなかった。


だけど、トムと別れてサマーは恋をする、運命的な恋を。
それはね、結局、トムがサマーに「運命」を感じさせたってことなのよ。


私は思う、素晴らしい映画だ、と。

 

100万回生きたねこ』(佐野洋子著)みたい。


トムの運命の相手は紛れもなく、サマーだった。

 

上のようなことを考えているときに、

この映画のレビューをめちゃくちゃ読んだ。

私としては、ガッカリだった。

なんでみんなわからないんだろう。


映画なんて感じ方も人それぞれなのだけれど、みんな、サマーは性悪女だ、みたいな評価なのよね。
それは全然見当違いだと思うのよね。

 

契約

 

運命の相手なら相手に運命と感じさせてこそ、なのよ。

サマーは運命を感じた、次の相手で。
それはやっぱり、主人公であるトムの功績だ。

 

トムにとって、オータムが何なのかは神のみぞ知る。

 

rkykのツイートの引用だが、

「つまりはトムはサマーの様に異性と付き合う女の人に出会ったことがなくて、サマーもトムの様に純粋に好きでいてくれる男の人に出会ったことがなかったということなんだろう」

ということだと思う。

 

2016.8.29. 秋人間