読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

prêt-à-porter

私が関わった人間は全て私の作品である

「父による村上春樹に関する考察」


f:id:youtalkingtome:20160118214634j:image

週に一度、父と何時間も話すのだけど、昨日は午前3時まで話した。還暦を迎えて一年が経つ父は読書家で、現在もなお一日一冊のペースで本を読んでいる。しかし、父は昔から文芸小説を読まなかった。「小説は、相手の頭の中に入って、相手の組み立てる世界観や論理、言葉に付き合わなくてはならない。なぜ、そんなことをわざわざしなくちゃならないのかわからない」とのことだ。
昨日、私がたまたま村上春樹村上龍の比較をしていたら、父が村上春樹に食いついてきたので、『風の歌を聴け』などすべての小説を渡してきた。
どうやら、日本一売れる作家のことが多少なりとも気になっていたようだ。
同年代の村上龍のことはよく理解できるという父は、一冊も村上春樹の著書を読んだことがない。そんな父はこう言った。
「もしかすると、村上春樹村上龍よりエキサイティングにファイトしているのではないか。一見無機質・ユニセックスに見えるが、その裏にある、絶望するほどの、血みどろの“何か”があるのでは……。それを見出したい」
そして『アンダーグラウンド』や『うずまき猫のみつけかた』をも私は貸した。どうやら村上春樹村上龍の対談本『ウォーク・ドント・ラン』にも興味があるみたいだ。小説では、『ダンス・ダンス・ダンス』に興味津々だ。
しかし、この書籍は青春三部作なため、処女作から読ませることにした。
是非何かを見出してほしい。

※私が好きな春樹作品(短〜長編小説)は、『風の歌を聴け』『ダンス・ダンス・ダンス』『ねじまき鳥クロニクル』『1Q84』です。

2016年1月16日 秋人間