prêt-à-porter

私が関わった人間は全て私の作品である

「一度のミスで全ては終わりなのよ」

f:id:youtalkingtome:20150416192157j:plain


私たちは人間だからどこかで必ずミスをするのよ。私はね、それを批判しない。
でもミスをした時には相手のそれに対する反応よりもコンマ何秒でもいいから早く気付かなくてはならない。
本来ミスに気付かないだなんてことはあってはならない。
百歩譲って、そういうこともあるとしましょう。でもね、その時には最悪、相手の反応を見て察するのよ。

私が言っているのはね、ミスが悪いのではなく、ミスを大成功にすべく努力しない、その傲慢な態度が軽蔑に値すると言っているのよ。
気付かずにミスをしていても相手の反応で気付けたら、まだ余地はある、とんでもない強者が相手でない限りは。
でもね、その時に気付かずにそのまま感情任せにしたら終わりなのよ。

例えば私がその相手方の立場にいるとして、私はあなたに怒るわよね。
そうすると矢張り相手の反応だけで気付かない馬鹿は、この相手はミスをした私が悪いと何の仁義もなく責め立てる人でなしと評価し、相手方を悪者にし、自分のプライドを保とうとするの。

私、そういうの大嫌いなの。

一度のミスで全ては終わりなのよ。


私はそんな簡単に他者に私の心を理解されたくないの。でもほんの数分話しただけで互いにわかってしまったような感覚に陥ることもある。勿論誤解なんだろうけど、でもこれ以上ない誤解よね。そのまま二人とも自分の思う相手と接すればいいのよ。いずれどこかに乖離が生じて気が狂うだろうから。

でもそうやって気が狂ってからが勝負でしょう、戦争でしょう。私は私を信じている。あなたもあなたを信じている。だから私たちはお互いを信じているのよ。なるべくなら私の想像しない、私にとって悪いことや嫌なこと、苦しいことが私を迎えに来て欲しい。
一向に構わない、私を無茶苦茶にしてほしい。

私がそれを乗り超えた時、私はあなたを殺せる。
 私はやっぱりこうするのよ。
あなたに完全勝利した時に私はあなたに真剣を渡して喉元を晒すのよ。
その時こそが私の本当の、本物の「勝利」なのよ。
私はその時の為だけに生きているの。


--~--~~--~-~~--~--~--~~--~-~~--~--~--~~--~-
何でもご依頼受けます。
@ 秋人間