読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

prêt-à-porter

私が関わった人間は全て私の作品である

「茶の本」第六章 花

f:id:youtalkingtome:20140710015210j:plain

茶の本」岡倉覚三

第六章 花



  
われわれはいずれに向かっても 
「破壊」に面するのである。 

上に向かうも破壊、 
下に向かうも破壊、 
前にも破壊、 
後ろにも破壊。 

変化こそは唯一の永遠である。 

何ゆえに死を生のごとく喜び迎えないのであるか。 
この二者はただ互いに相対しているものであって、ブラーマンの昼と夜である。

--~--~~--~-~~--~--~--~~--~-~~--~--~--~~--
何でもご依頼受けます。
http://poguri.jimdo.com      秋     
@ prêt-à-porter