読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

prêt-à-porter

私が関わった人間は全て私の作品である

「四つ葉のクローバー」

誰かの為に努力をしたとしても、結果がついてこないことってあるわよね。例えば誕生日にプレゼントしようと、一年前から四つ葉のクローバーを探し続けていたのに見つからなかったとする。その時、相手からプレゼントがないことを怒られたら、馬鹿な人はこう…

「多様な価値観」

あなたの言う「多様な価値観を認める」という考え方は、例えばプレゼントをあげてもありがとうの言葉どころか、そういう気持ちすら持ち合わせていない相手に対して、何のムカつきも抱かない、どんなことに対しても(あなたが突然知らない人に斬りつけられよ…

「食事は、何を食べるか」

「食事は、何を食べるかより誰と食べるかが大事」という戯言だけを私は信じない。それは必ず「食事は、何を食べるかが大事」という前提を踏まえていなければならない。「食事は、何を食べるかが大事」という前提を誰よりも信じている人間がやっと「食事は、…

「親友に対する評価」

あなたを選ばないのは幸せになれるという確証のないこの世界で必ず幸せになれるという確信を持てるからだ。私はその幸せを勝ち取る為に色々とこねくりまわして考えてきたし、そんなにあっさりとそれが手に入ったって大きな何かから逃げてるみたいで嫌じゃな…

「私の正義と愛」

私は誰かに私の愛する人を殺されてもその様になった過程が知りたい。愛する人が全面的に悪かった場合私は加害者に謝りに行きます。それが私の正義で愛です。愛する人が悪くなかった場合死刑など待たずに加害者を殺しに行きます。それが私の正義で愛です。

「私の正義」

真夏日にcaféに立ち寄った.灰皿は机の上に存在しない.私は注文したものが机に置かれた後に煙草の箱を鞄から出し其処から一本を取り出した.ゆっくりとマッチで煙草に火をつけた.灰皿は相変わらず机の上に存在しない.私はゆっくりとゆっくりと煙草を吸って吐い…

「平和になった暁には」

例えば私と出会う前に女がある男を信頼し好いていたとしてその男が私に対する言われのない陰口なるものを女に言ったとする。女は其れを信じる。其れは其れで完璧なまでに正しい。私にとっては何より其れを咎める事こそ軽蔑する行為だ。私は其の点において曇…

「私の正義、あなたの悪」

私の正義があなたの悪だったらどうする? 私たちはこの社会で人殺しが幸せに直結するような人間と共に生きている。 本当の自由な社会ってのは殺人する人間の自由を許容する社会のことだ。 あなたの自由が保証されるということはあなたを殺す自由を持つ他者も…

「私のフェアネス」

私は理不尽で、不公平なものを好まない。相談者とその関係者が登場人物である事が多い。その前に私の考えを示しておこう。仮に神様がいるとして、私に対してアドバイスするとしたら、恐らく私には難しい方をチョイスしろと微笑みながら言うだろう。もし仮に…