読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

prêt-à-porter

私が関わった人間は全て私の作品である

「春先の情事」

どうやらこれに逆らえないこんなの大嫌いこんなの昔から信じていない「……」馬鹿みたいで幼稚な人間が信じることよいわゆる私たち八百万の神信仰者にとってそれは宗教みたく馬鹿げているどうやらこの流れに抗えない先は知らない先なんていらない後先なんて考…

「プリンセス不在」

王子様が何故プリンセスと出会えるかわかる?それは王子様がプリンセスを血眼になって探すからでも、プリンセスが待ち合わせの場所で何時間も待つからでもない。それはプリンセスなんてものは常に不在だからだ。王子様はその対象を知らない、プリンセスもま…

「片割れ」

古代の神話によれば、男と女はもともとひとりの人間として作られたのだという。旧約聖書の創世記には、最初の人間はアダムただひとりだったと書かれている。だが神はアダムからあばら骨を取ってイブを作る。人類最初の男と女は、かつてひとりの人間として存…

「いい女とは」

仮に私が男だとしたら、私は強い女の弱さが見たいし、それに触れたい。それはまるで自分に触れる感触を覚えるからだ。自分の心にも身体にも意識にも自分は触れることができない。それらはこう客観性を持って触れることのできる様な代物ではないからだ。簡単…

「小林書店の娘」

私が求めているのは単なるわがままなの。完璧なわがまま。たとえば今私があなたに向って苺のショート・ケーキが食べたいって言うわね、するとあなたは何もかも放りだして走ってそれを買いに行くのよ。そしてはあはあ言いながら帰ってきて「はいミドリ、苺の…

「ゴリラ」

信じられるのは自分だけ。自分だけは自分を裏切っているのかそうでないのかわかる筈だ。そして自分すらも裏切る人間が他者を裏切らないわけがない。そう、だから私は自分に誓うの。例えば浮気をしないだとか嘘はつかないだとかってね。私は私を信じていて、…

「Luna blue moon」

女の短い髪からは少年の匂いがした。それはまさしく昼から夕方近くまで砂場で遊び染み込んだ太陽の匂いだった。普段月の話しかしない女にとってそれは最大の矛盾だった。--~--~~--~-~~--~--~--~~--~-~~--~--~--~~--~-何でもご依頼受けます。http://poguri.ji…

「女の役目」

女は男の愛に惚れて欲しいし男は女の才能に惚れて欲しい其れは要するにピアノを弾くのは女の役目ではなくあくまで男の役目であってその前で歌を歌うのが女の本当の役目であるということ--~--~~--~-~~--~--~--~~--~-~~--~--~--~~--~-何でもご依頼受けます。ht…